レンタルファッション

KASHITOKE(カシトケ)に腕時計を預けてキャッシュバックで儲ける!報酬以外にもメリットが!?

高級腕時計がレンタルできるというKARITOKE(カリトケ)。同運営会社のクローバーラボさんが展開しているKASHITOKE(カシトケ)というサービスがあります。

腕時計のシェアリングサービスなので借りる人がいれば貸す人がいるのも当然。じゃあこの腕時計を預けるサービスのKASHITOKE。どのくらいの報酬が発生するか気になるところ。

今回の記事ではKASHITOKEに預けるとどのくらい儲かるのか?考えていきたいと思います

高級腕時計を借りる側が気になる方はこちらのKARITOKEのレビューで詳しくサービスについて解説しています。

KASHITOKE(カシトケ)とは?その仕組を理解して報酬で儲かる!?

KARITOKE(カリトケ)は高級腕時計を月額3980円〜貸し出してくれるサービスでした。ファッションレンタルは数多くありますが、ファッションのシェアリングサービスってそんなに多くはないんじゃないかと思います。

その貸し出す側のサービスのKASHITOKE(カシトケ)このサービスではどのくらい儲かるのでしょうか?

KASHITOKEはプランごとにもらえる報酬が異なる

KARITOKE(カリトケ)では月額プランによって借りることができるブランドが異なりました。もちろん高級腕時計を貸す側のKASHITOKEも貸す腕時計のブランドによってもらえる報酬額が異なります。

カジュアルプラン 1000コイン/月
スタンダードプラン 1500コイン/月
プレミアムプラン 2500コイン/月
エグゼクティブプラン 5000コイン/月

報酬はプランごとにことなり、月ごとに『コイン』として支払われます。ちなみにこのコインKARITOKEの割引に使うこともできますし、1コイン=1円として振り込んでもらうことも可能です。

例えばROLEXの人気モデルサブマリーナを貸し出した場合はエグゼクティブプランなので月に5000円の報酬をもらうことができます。

思ったほど報酬は高くありません。借りる側の場合はカジュアルプランで3980円。貸す側では1000円の報酬ですね。

お預かり可能リストはこちらから見ることができます。

KASHITOKEには安心して貸すことができる仕組みづくり

自分の腕時計を貸すといっても直接貸すのではなく、KASHITOKEを仲介して自分の腕時計を貸すので安心して貸し出すことができます。

貸し出した腕時計に破損などがあった場合、修理や賠償をしてくれるので万が一なにかあったときも大丈夫です。

維持費用はKASHITOKE(カシトケ)で負担

正直一番高いプランでも報酬月5000円は安い!って思った人もいるかと思いますが、報酬以外の利点として腕時計の維持費用をKASHITOKE側で負担してくれるということが最大のメリットです。

高級腕時計は多くの場合が機械式の腕時計です。そのメンテナンス費用と高額なものがオーバーホールです。

オーバーホールの料金例

ROLEX 40,000円〜90,000円
OMEGA 58,000円〜150,000円

高級腕時計のオーバーホールにはおおよそこのくらいの金額がかかってしまいます。しかし、このメンテナンス費用をKASHITOKE側で負担してくれるのはありがたい。とはいえ必ずオーバーホールはしてくれるわけではないです。

その他にもクリーニングなどを行ってくれます。ロレックスを1年間貸し出してオーバーホールをしてもらった場合は

5000円/月✕12ヶ月+50000円(オーバーホール代)

と考えると1年間で11万程度報酬を得られる計算になります。

 

KASHITOKE(カシトケ)に腕時計を預けるデメリット

もちろん腕時計を預けるのは金銭的なメリットはあるもののデメリットも少なからずあります。預けようと思っている人もデメリットはしっかりと理解しましょう。

細かいキズは保証されない可能性もある

借りる側としてKARITOKEで腕時計を借りた場合は外観からはほとんどわからないような細かいキズは責任を問われません。逆を考えると、わからないような細かいキズも貸したときに保証はされない可能性は高いです。基本的に通常使用での傷は修理やクリーニングは運営会社でメンテナンスしてくれます。

利用規約内に記載されている事象に関しては保証くれます。

レンタル中又は当社保管中に、会員又は当社の責めに帰すべき事由により、オーナーアイテムに軽微な破損、汚損または故障等の商品価値を低下させる事象(以下「破損等」とする。)が発生した場合、当社は、修理を行った上でオーナーアイテムの借り受けを継続するか、修理を行わずに前項の損害賠償額をお支払いするか、オーナーの承諾なく選択できるものとします。
※利用規約より

KASHITOKEに貸し出すのは審査があり面倒くさい

カシトケで腕時計を貸し出すまでにはいくつか審査があります。

簡単に流れを説明するとWEBからの受付の場合は

  1. 写真を送信して第一次審査
  2. 腕時計の発送
  3. 審査結果と受領の連絡
  4. 実際にキャッシュバック

ざっくりとこんな流れ。写真を送ったり、郵送したりなどあるので個人的には面倒くさいかな?と思います。

最低でも6ヶ月は預ける契約になる

貸し出すのにちょっとネックになると思うのが最低の預け期間が6ヶ月ということ。最短でもKASHITOKEに半年は預けなくれはいけないので、急に預けている腕時計を使用したくなった時もすぐには返却してもらうことができません。

このへんはデメリットになるかもしれませんね。

結論:ほとんど使わない高級腕時計は貸し出すべき

個人的な観点からいうとオーバーホールをしばらくしていなくて、さらに自宅にほとんど使わず眠っている高級腕時計なら貸し出してもいいかな。という結論にたどりつきました。

よほどのお金持ちでなければ高級腕時計は何本も持っていないので貸し出すほとの精神的に余裕があるひとはKASHITOKEのサービスを利用してもいいのではないかと思います。

僕はもっぱら借りる側ですね。

-レンタルファッション

Copyright© オーダーメイドの腕時計比較|カスタム腕時計男子 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.